■メール占いで当たる種類について
メール占いで当たる種類は多種に及んでいますので、自分に一番合った悩みに強みのある特徴を持っている占術を選ぶことが大切です。基本的には鑑定士による占いの後に占い結果がメールで送られてくるシステムとなっていますが、霊感や四柱推命やヒーリングや水晶などの種類から選択することが出来ます。特に恋愛に悩んでいる女性からの支持が強いメール占いは、四柱推命や霊感占いです。四柱推命は生まれ持った日や名前などから推測される人格などからたどる人生運などを占い今後の人生を導いてアドバイスするという占いです。霊感占いは、占い師による霊能力を用いて、相談者が持つ悩みを読み解いて解決に導いてアドバイスする占いです。メール占いは文章が残りますので、後から何度も読み直すことができますし、悩みが再度出てきたときに、大事なお守り代わりとして保存しておくことで気持ちをリセットして深い悩みに陥ることを防いでくれます。結婚、恋愛で悩みが絶えない方は特に水晶占いやタロット占いが人気で、当たる確率も非常に高いです。
メール占いの魅力は時間や場所を気にせずに、どこでも相談できる所です。言葉で上手く相談しにくい内向的な方でも、文章なら何度でも自分の悩みを伝えることが出来ますし、文章でアドバイスを受けることによって、占い師と繋がっているという気持ちが大きくなり安心感も生まれます。自分の悩みに合った種類のメール占いを選択することで当たる確立も確実に上がります。

 

■当たる!家庭の悩み解決につながるメール占い
家庭の中でも、なかなかお互いの悩みを共有することは難しいことがあります。そんなときは、何もなかったようにやり過ごすか、思い切って向き合ってみるかしかないのかなと思っていたのですが、偶然に雑誌で見た「悩みを解決に導く当たると評判のメール占い」なるものを発見して、すがるような思いでメールをしてみました。当たるのかなという半信半疑な気持ちもありましたが。本当は実際に占い師さんのところへ出向こうかとか、電話占いにかけてみようかとか考えていたんですが、もし見つかったりしたら嫌だなということもあり、自分のスマートフォンでやりとりできるメールを選んだのです。これならば、嘘をついて出掛けることも、時間を気にしてこっそり出掛けることもなく、相談出来ます。初めは、自分の氏名や連絡先を入力し、簡単な相談内容の概要を送りました。そうすると、その日のうちに返信があり、その相談ならば受けられるということで、この先、どうやってこの状況を打開すればいいか占ってもらいました。私の占ってほしい家庭内のこととは、最近同居を始めた主人のお母さんのことです。とても気難しい人ですが、少し身体が不自由なので、生活の所々で手を貸さなければいけません。けれど、私をあまり良く思っていないのか、何をしても冷たい態度。こちらから頑張って話題を作って話しかけるのですが、なかなか仲良くなれません。家庭では一番の理解者である主人に相談してみましたが、あまり気持ちを向けてくれず、どうしようか一人で悩んでいました。この打開策は何なんだろうと、少し助言が欲しくなったのです。メール占いでは、主人の母の生年月日と私の生年月日、そして間にいる主人の生年月日から占ってもらいました。翌日、送られてきた占い結果の内容にはこう書かれていました。まず、主人の母は、気難しいのではなく照れ屋な性格の持ち主で、うまく自分の気持ちを言葉にしたり、態度に表すのが苦手ということ。そして、私は元来、ストレートに表現するタイプなので、上手く表現出来ない人の気持ちを汲むことにちょっぴり苦手な傾向があるということでした。主人は、マイペースで楽観的、どうにかなるさと考えているタイプなのであまり深刻に考えていないとのこと。なんだか目から鱗のような気分でした。考えてみたらまさにそうです。ここまで当たるとは驚きです。それぞれの性格が、ちょっとずつすれ違いを生んでいたんですね。この結果を知った翌日、主人の母をお花の展覧会に誘ってみました。お花が好きな人ですから、気持ちがほぐれて仲良くなれるといいなと思います。メール占いのお陰で、自分本来の前向きさが取り戻せたようです。