■コレクトコールでの電話占いの歴史
占いは、未知のことを知るための手段として用いられます。そのため、できれば、当たる占いを受けたいと考えるのが自然です。より当たる可能性が高い占いを探して、優れた占い師の存在が求められています。しかし、当たると評判の占い師が有名になるほど、一人ずつに直接会って占いを行うというのは現実的ではありません。この問題について、電話占いの手段により占いを求めている多くの人に対して、占いを行う事ができる道が開けています。
電話占いで広く採用されてきたのが、コレクトコールによる占いの手法です。コレクトコールサービスは、電話をかけるための通話料金に加えて、電話を通じて利用した情報料金を合わせて支払うという形のサービスです。そのため、電話占いのサービスを提供する占い師にとっては、占い相手から占い料金を確実に受け取ることができる手段として魅力的です。
コレクトコールサービスが開始され、電話を通じて情報サービスが多様に受けられるようになった中で、電話占いのサービスにも人気が集まりました。気軽に当たる電話占いを受けられるというサービスは、当時占い業界にとって大きな変革でした。やがて電話は、固定電話からさらに携帯電話が利用されるようになり、またコレクトコール以外の支払い方法も選択肢が増え、電話占いはさらに利用しやすいサービスになっています。当たると評判の占い師に気軽に相談できるサービスとして、電話占いの魅力はさらに大きなものになっています。

 

■とても不思議な的中率
占いが得意な友人がいます。西洋占星術や四柱推命、手相やタロットなど、あらゆる占いに詳しい上に、的中率が高く、よく当たるのです。特に当たるのは西洋占星術で、生年月日と生まれた時間などのデータそろうと、個人の運勢などをぴたりと言い当てるので、本当に不思議です。
その友人によると、西洋占星術の占いにはリズムがあるので、良い波と悪い波を把握することがとても大事だそうです。運勢が下がっている時は、無理な行動をしないことが大切ですから、自重することによって災難を避けることができると聞きました。
数年前、その友人から、健康運に気をつけてとアドバイスを受けていたのですが、仕事が忙しく、ついつい無理を重ねていました。その結果、婦人科系の病気にかかってしまい、入院して手術を受けざるを得ませんでした。占いが大当たりでしたので、そのことを友人に告げたら、もっと強く注意すれば良かったと言われました。悪いことが当たるのは、とても悔しく感じるそうです。
このようなことから、占いは人生のアドバイスとして有効であることが分かりました。占ってもらった場合に、たとえ悪い結果が出たとしても、素直に受け止めて、最小限の被害で済むように気をつけるべきです。そうすることによって、真に占いの結果を有効活用することができるのだと思います。
また、その友人は手相を見ることもできるので、初対面の方にアドバイスをすることもできるそうです。西洋占星術は、生まれた時間を知っていることが重要です。しかし、自分の出生時間を知っている人は、とても少ないのです。けれど、手相ならば、そのようなデータを持っていなくても、手の平を差し出せば現状や未来を占うことができますから、重宝されています。そのために、趣味のサークルや飲み会などでは、会話を盛り上げることが可能なので、手相は気軽な占いとして楽しめるというメリットがあります。
尚、友人は占いができることをあまり公表していません。なぜなら、占いが当たるという評判が広がると、占って欲しいという依頼が殺到するからです。中には、占いの結果に納得できなくて文句を言う人もいますから、友人は慎重な姿勢を貫いています。