■メール占いで当たる方法について
メール占いはメールを通じて占い師とコンタクトを取りながら占いをしてもらえるという方法であり、2003年ごろよりサービスを開始してから若い女性を中心に人気を集めています。特に匿名性が高いことや自分のペースで相談出来る事、文章にすることでゆっくり言いたいことをまとめることができることなどから支持を集めるようになったと言われています。そんなメール占いにも占い師によって当たるかどうかが大きく分かれており、なかなか自分に合ったメール占いができないという人もいます。そんな人にお勧めできる占いが当たる方法としては、口コミサイトなどの複数のメール占いサイトを比較検討しているところをチェックすることが挙げられます。口コミサイトなどは複数のサイトをチェックすることができるほかに、よく当たるところなどはランキング上位に入っているため、比較的簡単に探すことができる方法となっています。特に実体験に基づいたランキングなどは信ぴょう性が高く、お勧めできるところが多くなっています。そんな中でランキング上位に入りやすいのが霊感占いをしているところであり、自分の性格の指摘やそれに見合った占い結果を示してくれるので、ほかの占いよりも当たりやすいと評判になっていることが多いようです。そのため、ランキング上位に入っているメール占いサイトを中心に、霊感占いを取り扱っているところを探してみるというのも一つの方法であるといえます。

 

■先輩後輩のペア決めでも当たるメール占い
職場で上の立場に立つようになると、そのチームでの人間関係を取りもったり、上下関係をうまくマネジメントすることが必要になります。その結果、しばしば仕事には関係のない、人間関係を円滑にするための計略を盛り込んで仕事の指示を与えるということも重要になることがあります。そういった上手なマネジメントをできるように日々努力を続けてきていていつも悩むのが、先輩後輩関係をいかにうまくつなげるかということです。
技術や知識の継承が重要な職場なので、新しく配属された人は必ず誰か先輩について指導を受けていくというシステムをとります。その人間関係がうまく行くかどうかというのがチームがうまく機能するかどうかを分けるところになりますが、その後輩になる人物と会ったことすらないのに采配を決めなければならないことも稀ではないのです。始めのうちは後輩になる人にこちらからコンタクトをとって実際に会って考えていたのですが、それを行っても決断しづらいことは多く、リーダーとしての悩みでした。そこである時どういった指針を立ててもらえるだろうかと軽い気持ちでメール占いを利用して相談してみることにしました。誰が適任かということを占ってもらったのです。当たるも八卦当たらぬも八卦とは言いますが、そのくらいの気持ちでメール占いをして相性を見てもらい、もっともよい組み合わせにしてみたところ、驚くほどに意気投合して仕事を進めてくれるという奇跡が起きました。当たるとは思っていなかったので、いつも通りの展開になるだろうと高をくくっていたのですが、意外な展開に驚いてしまいました。その成功を良いことに次に後輩が現れたときにもメール占いをしてみたところ、やはり相性が良いという組み合わせがありました。ここでさらに貪欲になって、仕事運をあげるための方法についても占ってもらったところ、2人揃って違う仕事につけるのが良いという方針が立ったので思い切って配置換えを行ってみました。すると、めきめきと成果を上げるようになったのです。正直なところ、メール占いがこれほどまでに当たるとは思いもしませんでしたが、そのお陰で敏腕なチームリーダーとして一目置かれるようになり、会社を支える部署を統轄できるようになって感謝しています。